スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

絵本『ユーナの樹とトモダチ』 

雨音を聴きながら紫陽花を愛でる今日この頃、みなさまはお元気でお過ごしでしょうか?

さて、今回は春先に北九州市から出版して頂いた絵本のお知らせです。
この絵本は、私が脚本・監督・原画などを担当させて頂いた 北九州市が平成23年度に制作した
人権啓発映画『虹のきずな』の劇中に出てくる 絵本『ユーナの樹とトモダチ』のシーンを基に
制作した作品です。機会があったら読んでみてくださいませ。

あらすじ:小鳥のリンクは、自分の国に広まる病気を治すために必要な“アカリの花”を探す旅へ。
     リンクは傷を負いながらも、仲間たちと一生懸命飛んでいたのですが、嵐に見舞われ
     てしまい、仲間たちとはぐれてしまいました。
     そんな中、リンクはある島にたどりつきました。しかし、その島の動物たちは、他の
     島から来たというだけで、リンクをのけものにしてしまうのです。
     ひとりぼっちのリンクは、“アカリの花”を見つけ、無事に故郷へ帰ることができるの
     でしょうか?

このお話は、リンクと島の動物たちとの関わりを通して、他者を受け入れることの
     重要性を描いています。


『ユーナの樹とトモダチ』
 原案・原画:こぐまあつこ
 発行:北九州市保健福祉局人権推進センター
    人権文化推進課

*ご興味のある方は、
 北九州市保健福祉局人権推進センター 人権文化推進課 までご連絡ください。
 〒803-0814 北九州市小倉北区大手町11番4号 大手町ビル(ムーブ)8階
 http://www.city.kitakyushu.lg.jp/ho-huku/file_0550.html

yunatomo2014.jpg
スポンサーサイト
[ 2014/06/08 22:15 ] おしらせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelierkids.blog4.fc2.com/tb.php/77-83edd726






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。